【はん】印鑑豆知識-役割

 

印鑑の役割について

 

 

 

 

実    印                                            

 

実印は印鑑の中で、もっとも重要な印鑑であり、法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。市町村へ印鑑登録を行い、印鑑証明を受ける印鑑です。               基本的には姓名を入れます。契約書類、土地、家屋などの不動産登録売買、自動車登録、遺産分割等に使用します。

 

 

 

 

銀 行 印                                                                                 

 

銀行印は財宝印といい、金融関係の金銭の出納に使用する重要な印鑑で、定期預金・振替預金・郵便貯金等の金融関係に使用します。

 

 

 

 

みとめ印                                                                        

  

 みとめ印は一般事務事務(伝票関係・出勤簿・簡単な金銭受取)等に多く使われ、常に捺印用として携帯する印鑑です。

 

 

 

 

訂 正 印                                                                        

  

 文章の中の訂正誤字などを修正する時に事務処理として使用される印鑑です。 

 

 

 

 

役職印(実印)                                                  

 

 役職印(実印)は、会社設立の登記上なくてはならない印鑑です。社会的信用と権威を証明する法律上最重要な法人の実印です。法務局に登録し法律上の権威と義務を伴う重要な印鑑です。 

 

 

 

社印(角印)                                                  

 

 社印(角印)は、会社・団体の権威と象徴を表す大切な印鑑です。法人や団体の契約書、領収書、その他一般的な文書に使用します。