【行政書士】車庫証明申請

「道路運送車両に関し、所有権についての公証を行い、並びに安全性の確保」を図るために一定の自動車(軽自動車・小型特殊自動車および二輪の小型自動車を除く)には登録の制度が設けられています。
この一定の自動車は「自動車登録ファイル」に登録を受けたものでなければ運行することができず、また登録を受けた自動車の所有権の得喪は登録を受けなければ、第三者に対抗することができません。

自動車についての登録手続をする際は、管轄運輸支局または検査登録事務所で行います。自動車の手続には主に下記のものがあります。



新車・中古車でナンバーのついていない車を登録する場合
登録を受けていない自動車を新たに登録する場合の手続です。新車を新たに登録する新車新規登録と一時的に使用を中止(一時抹消登録)していた中古車を再び登録し直す中古車新規登録とがあります。



所有者の氏名・住所が変わった場合、使用者が変わった場合、使用の本拠の位置などを変更した場合
これらの事由が発生した場合、変更後の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局等で登録手続をする必要があります。



自動車を売買等により譲渡、譲受する場合
所有者を変更する際に必要な手続です。



自動車の使用を止めた、廃車、解体等または輸出する場合
自動車の使用を一時中止する場合、自動車を解体等再度使用しない場合又は自動車を輸出する場合に必要な手続です。



ナンバープレートを紛失した場合等
ナンバーを無くした、毀損したときに必要な手続です。

車庫証明とは、「自動車の保管場所の確保等に関する法律」に基づくもので、自動車の保有者等に自動車の保管場所を確保し、道路を自動車の保管場所として使用しないよう義務付けるとともに、自動車の駐車に関する規制を強化することにより、道路使用の適正化、道路における危険の防止及び道路交通の円滑化を図ることを目的としています



車庫証明は、自動車の保管場所の確保等に関する法律によって、自動車の所有者(使用者)への取得が義務付けられていますが、具体的にどのような場合に車庫証明の手続きが必要になるのでしょうか?

車庫証明の手続きが必要になる場合として、

1.新規に普通自動車を購入した場合(新規登録時)
2.結婚や引越し等で普通自動車の所有者の氏名や住所が変更した場合(変更登録時)
3.自動車の売買や譲渡によって普通自動車の所有者が変わった場合(移転変更)

などがあります。
普通自動車の場合は、ナンバープレートの購入(ナンバー登録)を行う前に、車庫証明の取得が必要になります。

警察署へは用紙の取得・申請・交付と三度足を運ばなければならないので、そのことを計算に入れたスケジュールが必要になります。

日中に時間を取れないお客様や、県外のお客様はお気軽にお問い合わせ下さい

 

サービス名称 車庫証明お得パック車庫証明おまかせパック
サービス内容書類一式を管轄警察署へ提出代行現地確認配置図~申請書類作成

書類一式を管轄警察署へ提出代行
 依頼料7,350円
 9,450円


上記以外に必要となる費用
1. 保管場所証明(登録車) 2,700円 愛知県証紙
2. 保管場所届出(軽自動車等) 500円 愛知県証紙